よみこみ中...

玉置電子工業
先端技術の研究・開発を高周波・高圧電源で支える
「玉置電子工業株式会社」

〒332-0001 埼玉県川口市朝日 3-13-6
TEL048-225-0451FAX048-223-9695
MAILinfo@tamaoki-electronics.co.jp

高圧電源・高周波電源装置半導体式マイクロ波発生装置(2.45GHz):TE-MW200SC

MW200SCは、マグネトロン式では扱いにくい小電力域や狭帯域のマイクロ波出力で実験や研究を行いたいとのご要望に従い、開発、製品化した半導体式のマイクロ波発生装置です。半導体方式はマグネトロン式に比べて、大電力化を行うには価格面や効率面での課題もありますが、本製品の~50W出力の範囲であれば、マイクロ波出力の低出力域の制御や周波数安定性、更には狭帯域化といったマグネトロン式の弱点を広く補う特徴、優位性を備えた製品となっています。

電源装置の外観(正面) 電源装置の外観(正面)
電源装置の外観(背面) 電源装置の外観(背面)

マイクロ波出力のスペアナ波形

マグネトロン式の代表的なスペアナ波形 マグネトロン式の代表的なスペアナ波形
CENTER:2.4635GHz、SPAN:20MHz
半導体式の代表的なスペアナ波形 半導体式の代表的なスペアナ波形
CENTER:2.449GHz、SPAN:50kHz

電源装置の主仕様

仕様/型式 半導体式マイクロ波発生装置
TE-MW200SC
入力 電圧 AC100V±10%
電流 4A以下
相数 単相
周波数 50/60Hz
端子 3Pインレット
出力 発振方式 半導体方式
周波数 2450MHz±25MHz
電力 ~50W
インピーダンス 50Ω
コネクタ N-J
機能 主電源 パネルスイッチによる主回路ON/OFF
出力ON/OFF パネルスイッチによる出力ON/OFF
電力可変 10回転式ポテンショによる電力可変
表示器 主電源ランプ、出力ONランプ、ALMランプ
進行波・反射波のデジタル表示
保護 温度異常、反射電力異常時には出力電力低減
異常時はアラーム点灯
安全 インターロック端子、非常停止スイッチ、高圧端子カバー
温・湿度条件 0~40℃ 0~80%RH(結露無きこと)
冷却方式 ファンによる強制空冷
寸法
重量
幅:W 430mm(パネル面等の突起部含まず)
奥行き:D 450mm(パネル面等の突起部含まず)
高さ:H 99mm(パネル面等の突起部含まず)
重量 12kg以下
注記事項 本製品は、製品性能の改善・改良に伴う仕様変更、改定の場合もあります。
最新の製品情報につきましては、都度のお問合せでご確認ください。